・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。


どこの銀行と付き合うのがベスト?

中小企業が付き合う銀行として、今後、融資を理想的な方法により受けることが出来る準備として銀行を選択する事が大事です。

次ページに記載してある金融機関のうち、如何に融資をタイミングよく引き出すことが出来るかを考慮して、各々の金融機関が使える制度・商品等により理解した上で選択すべきです。

また、金融機関の特性として個人事業主に力を入れている機関(本支店)、中小企業を対象としているもの、大企業を対象にしているものと金融機関の特性を理解することの大事です。

一般的には、都市銀行は大企業・地方銀行は中小企業・信用金庫は零細企業、個人企業をメインターゲットとしています。

特に都市銀行では、新規開拓の法人営業部**課では、最低の売上金額が5億以上(理想は10億以上)の企業でないと全く取り扱ってくれない場合があります。

最近の傾向として、都市銀行のみならず、地方銀行においても、新規開拓を営業店で行なわず、新規開拓用のローンセンターを主要都市に設け、融資が可能と判断されら場合に、企業の近くの営業店を紹介(管轄)するという方法を選択しています。

全国銀行マップ

では、

どこの銀行と付き合うのがベストでしょう。

それは、御社の規模・業種・業績等の状態を検討し、御社にとって一番優位な銀行を選択して行くことになります。

つまり、

  • 過去に同業種の会社が返済不能となっていない。(踏み倒されていない)

  • 担当者が社長の性格(話し好き・数値が得意・経営に夢を語る・等)と似ている

  • 信用保証協会に対して動きが良い

  • 案件を机の肥やしにしない・

  • 行動力がある

  • 次長、部長、支店長クラスの担当と交渉が出来る

  • 融資の商品がある

  • ・etc.

という事になります。

具体的には・・・


Home