・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。


中小企業において受けられる融資

ここでは、中小企業において受けられる融資を説明します。

1つの銀行・1つの方法では借入を起こせる金額は限界があります。

以下のものをどのように組み合わせるかが、多額の融資を引き出す方法です。

それぞれの融資先にはそれぞれの制度融資・条件・評価方法があります。よく理解した上で金融機関を選択する事が大事です。

また、前項に記載しました決算書の内容も金融機関の選択に重要な項目となります。

企業規模・現在の借入状況等を判断してどの金融機関にどの制度を使って借入の申込をするかが社長の手腕の見せどこです。

当社では、これまで数々の融資交渉・融資実行をしてまいりました。

融資相談は専門家にお任せください。

銀行融資の種類・借入先

借入先・銀行・メガバンク・地方銀行・第二地方銀行・信託銀行・インターネットバンク・外資系バンク
・信用金庫-
・信用組合-
・政府系投資機関・国民生活金融公庫・商工中金・中小企業金融公庫・東京中小企業投資育成株式会社
・大阪中小企業投資育成株式会社・名古屋中小企業投資育成株式会社・日本政策投資銀行
・ノンバンク・サラリーマン金融・信販・リース会社・クレジットカード会社・住宅金融専門会社等
種類・証書貸付・一般的によく借入をする場合に利用されます
・毎月返済を行ないます
・1年以内の短期借入と1年以上の長期借入があります
・手形貸付・一般的によく借入をする場合に利用されます
・短期融資に利用され期日一括返済がよく利用されます
・当座貸越・専用当座 ; 一定枠を設けその範囲でいつでも借入が自由に出来ます
・一般当座 ; 当座預金が不足した場合に一定額までマイナス(借入)が出来るものです
・当座貸越・売掛金の回収等によって受け取った商業手形を銀行に買い取ってもらう形の融資です
・当座貸越・業種、使途別に長期の政府資金を公庫等に代わって銀行等がご融資するものです
・主なものに中小企業金融公庫代理貸付・国民生活金融公庫代理貸付
・農林漁業金融公庫代理貸付・独立行政法人福祉医療機構代理貸付などがあります
・ビジネスローン・無担保・無保証 ・連帯保証人付き ・信販会社保証付き
方法-・プロパ融資 ・信用保証協会付融資 ・担保融資

Home