・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。

注意したい勘定科目 借入金

質問

借入金について教えて下さい。

回答

まず借入金には次のものが含まれます。
短期借入金・長期借入金・役員借入金
短期借入金は、運転資金等の手形借入等決算日後1年以内に返済期限の到来するものです。
この中には当座借越によるマイナス分も含まれます。
長期借入金は設備資金等の長期に渡って返済を行なうものです。
役員借入金もこの長期借入金に含まれます。
ただ、役員借入金は金融機関によっては資本金と同様に扱われますので科目内訳において明瞭な記載を行なったほうが有用になる場合があります。
借入金の売上に占める割合は30%程度が最も理想的です。
しかし、現在の中小企業においては50%以上も珍しくありません。
新規の借入や追加融資を申し込む際に、50%以上の借入がある場合には資金使途・返済計画等の資料の整備が必要です。

借入は現在の残高以外に借入先・借入方法・金利・年数と金融機関融資を行なうのに企業の判断材料とものが多く含まれますので、融資相談の際にはしっかりと理解する必要があります


失敗しない融資・資金ショートをおこさない経営、そのためには社長の自己努力が必要です。

銀行融資

銀行融資を受ける前にまずこのQ&Aをお読み下さい。

銀行との融資相談を行なうのに最低限の知識が記載してあります。

失敗しない融資のために数十分の勉強は、無駄にはなりません。

(その程度の余裕は持ちましょう)

少しでも不安のある場合には、「相談窓口」へ

融資相談の内容

現状の状態において融資を受ける為のアドバイスを行ないます。

今後の改善策・問題点を正常な状態にする為のアドバイスを行ないます。

経営相の内容

企業を取巻く問題はあらゆる方面から発生します。

経営・財務・融資・人事・etc.と全てをトータル的にサポートします。


Home