・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。


融資と決算書の関係について

銀行から融資を思うように受けるための対策として、 8割は「決算書の内容次第」です。

融資を受けるにあたっての決算書の重要性を、今一度認識してください。

銀行融資おいて決算書とは、一般的に差す場合、貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・付属明細書(科目内訳書)があります。また、法人税の申告書も決算書の一部として表現しています。

では、この決算書が一体融資にどのように関係しているでしょうか?

決算書の内容如何によって「融資金額」・「金利」・「期間」が決定

されてしまいます。

それだけでなく、融資の実行自体もこの決算書の内容によって判断されています。

この重要な決算書の作成を税理士任せにしていませんか?

決算書は本来、企業(社長)が事業内容を関係者(この場合、銀行)に判りやすく説明する為のものです。税金計算の為だけに作っているものではありません。

よくこのような内容を社長に説明すると

「私はよく会計のことが判りません。先生(税理士)に任せてあるから・・・」と言うかたをよく見かけます。その反面、「融資が思うように行かなくて困ってます。」という言葉も聞きます

あたりまえです。


税理士は税務はプロ?ですが経営は素人

税理士は税務はプロ?ですが経営は素人です。

中には税金を多く払うことが立派な企業だと言い切る方もいます。

税金を多く払って先生(税理士)が言うようにやっている事が立派だと思っている社長はそれでいいと思います。

会社は儲けてナンボです。

あなたの会社は大丈夫ですか?

「私が見てきた倒産への道」に決算書の内容で会社が倒産した例を挙げてあります。

心配な方は、只今、無料にて銀行評価・問題点の分析を行ないます

(個人情報(秘密事項)ですので分析にあたって秘密保持契約書を取り交わし後分析を行ないます

Home