・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。

税金を節税しながら含み資産を確保し、自由に使えるお金を貯める方法

「会社経営において最大の目的は利益を上げること」という話をよく聞きます。 利益を上げれば必然的に税金を多く納めます。

実を粉にして働いた結果としての利益を、税金という一体何に使われているか解らないものとして納める(支払う)のは大変立派なことと思います。

しかし、その結果納税する資金がない。借入を行なう。利息を払う。通常の運転資金の借入が困難になる。

より高い金利のものに手を出す。経営が困難になる。・・・

なにか間違っていませんか?

納めた税金は帰ってきません。

まず、多額な税金を納める前に、何があっても倒れない強い財務体質の企業を作ることが先決です。


節税のテクニック

今回はその方法と節税のテクニックを掲載します。

それは、簿外に含み資産を形成する「含み資産経営」です。この場合の方法が保険を活用した財務強化です。

保険料は種類によって全額損金算入として経理処理ができますので、節税につながります。

また、いざという時の資金確保に、解約返戻金を簿外から資産に表面化させることにより資金確保の保全が図れます。

Home