・経営相談・融資相談・資金調達・多重債務

・条件変更・事業再生・事業継承・借金返済 等でのお悩みはお気軽にご相談下さい。

注意したい勘定科目 支払手形

質問

支払手形について教えて下さい。

回答

支払手形は買掛金の支払いの等、仕入債務の支払の場合と、設備資金の支払いのために手形による割賦払いに使われます。
支払手形を発行する場合には銀行との契約により当座預金勘定を儲ける必要があります。
企業自身が支払いサイトを決め、手形振出日からサイト(支払期日)の日において当座預金より支払われます。
支払手形は企業の短期の資金繰りの大きく影響します。
特に、倒産企業のよく見られるように通常の資金繰りがショートし、支払を手形に依存し始め、支払期日に資金不足が起こるため手形サイトを引き伸ばすという手形の乱発となる企業が多々あります
支払手形による支払は数ヶ月間だけ支払を遅らせているだけであり資金繰りの改善にはなりません。
しかし、一旦支払が止まったような錯角をおこす為、更に悪循環を起こすものです。
支払手形の取扱には十分に注意が必要です。
また、商取引に関係のない融通手形の発行・受取は企業評価において最も悪い判断となります。

失敗しない融資・資金ショートをおこさない経営、そのためには社長の自己努力が必要です。

銀行融資

銀行融資を受ける前にまずこのQ&Aをお読み下さい。

銀行との融資相談を行なうのに最低限の知識が記載してあります。

失敗しない融資のために数十分の勉強は、無駄にはなりません。

(その程度の余裕は持ちましょう)

少しでも不安のある場合には、「相談窓口」へ

融資相談の内容

現状の状態において融資を受ける為のアドバイスを行ないます。

今後の改善策・問題点を正常な状態にする為のアドバイスを行ないます。

経営相の内容

企業を取巻く問題はあらゆる方面から発生します。

経営・財務・融資・人事・etc.と全てをトータル的にサポートします。


Home